サラリーマン副業アフィリエイト確定申告書の書き方は住民税に注意!

目安時間:約 9分

サラリーマン副業でのアフィリエイト確定申告書の書き方で、わたしが住民税で失敗した実例。
 

そして確定申告書で請求できる経費(抜粋)や白色申告か青色申告か?の選択についてアドバイスします。

 

 

サラリーマン副業の確定申告書要否は所得で決まる

サラリーマンがアフィリエイトを行った場合は副業に該当します。

 

▼当サイト関連記事▼

 

サラリーマン副業の定義と線引きは?

 

 

副業の年間所得が20万円を超えると、確定申告が必要です。

 

ここで所得とは、収入から経費を差し引いた金額。

 

アフィリエイトの経費例を次に紹介します。

 

 

アフィリエイトの確定申告書で請求できる経費(抜粋)

 

アフィリエイターに特化した請求できる経費(抜粋)を具体的に紹介します。

 

・通信費
ドメイン、レンタルサーバー年間契約、郵便費等。

 

・図書・研修等費
情報起業(商材)や書籍購入費、セミナー参加費、有料塾。

 

・広告・宣伝費
メルマガ配信スタンド契約費、無料レポートスタンド契約費。

 

・消耗品費
パソコンおよび周辺機器、プリンターおよびインク、ツールやソフト。

 

・交通費
電車賃、バス、ホテル等宿泊費、航空運賃、ETC(利用照会)

 

・接待交際費
贈り物、飲食費、セミナー懇親会、お中元、お歳暮等。

 

ざっくり紹介しましたが、領収書は必ず確保しましょう。

税務署から要求されます。

 

▼領収書がもらえないケースは、以下の方法を参考にしてください。▼

 

    • ETCは利用照会照会サービスをスクリーンショットで部分印刷。
    • ドメイン、レンタルサーバー年間契約は、入金確認メールをスクリーンショットで部分印刷。
    • 銀行預金通帳の振込コピー。

 

 

サラリーマン副業確定申告書の書き方失敗実例、税率と住民税

 

わたしが確定申告書で失敗したのが「住民税」です。

 

サラリーマン副業でのアフィリエイト年収が20万円越えだったので、給与以外の雑所得を確定申告した。

そして毎年11月は会社に提出する「年末調整」を行った。

ここまではよいです、ところが...

 

「年末調整」は会社で申告済みだし、還付金をもらったので、給与所得や源泉徴収の金額を入力しなかったんです。

 

そして異変に気が付いたのが、5月に役所から送られてくる「住民税額の決定通知書」。

 

むっ?..例年より年間住民税額が10万円くらい高い!。

 

納得いかないので、有給休暇をとってまず役所へ。

 

いろいろ調べてもらったら、「前年の給与収入での源泉徴収の金額が入力されていない。」

 

ヤバイ!ということで、速攻で税務署に行き、前年の「所得税の更生の請求書」という書類を作ってもらいました。

 

結果、年間住民税額10万円免税はおろか、数千円の還付金をもらえました^^。

 

税務署の職員の方から注意事項

サラリーマン給与の年末調整が済んでいても、確定申告書には前年の給与所得申告と源泉徴収を提出する。
なぜなら税率が変わって、住民税額に連動するから。

本当にヒヤリハットの1日でした。

 

教訓は、「確定申告書の不明点は、自分で判断しない」

 

税務署の職員の方が親切に教えてくれますよ。

 

 

サラリーマン副業がばれない確定申告書の書き方は住民税


サラリーマン副業がばれない確定申告書の書き方は、住民税の払い方選択を「普通徴収」にすれば大丈夫です。

 

「特別徴収」を選択してしまうと、会社の給与計算で副業分が加算されてしまい、副業がばれてしまうので注意してくださいね。

 

 

サラリーマン副業の確定申告書は白色申告か青色申告か?

 

とくにアフィリエイト初心者でサラリーマン副業という立ち位置であれば、とりあえず白色申告からスタートがよいと思います。

ちなみにわたしは時間が無いので、白色申告にしています。

 

 

▼青色申告のメリットとデメリット▼

 

    • 特典が多く、所得から無条件で10万円または65万円が控除される。
    • 赤字決算でも申告ができ、赤字分は翌年以降に繰り越し計上できる。
    • 白色申告の書類は「収支内訳書」と「簡易簿記」に対し、「損益計算書と「貸借対照表」も必要。
    • 事前に、「個人事業の開業届出書」と「※所得税の青色申告申請書」が必要。
    • ※承認まで約半年くらいかかる。

 

サラリーマン副業で時間が無く多忙の場合は無理せず、白色申告で慣れてから青色申告をされたほうが無難かと思います。

 

 

確定申告書の書き方と失敗実例まとめ

 

・アフィリエイトは副業なので、年間の所得が20万円を超えると、確定申告が必要。

 

・アフィリエイターに特化した請求できる経費(抜粋)を具体的に紹介しました。

 

・サラリーマン給与の年末調整が済んでいても、確定申告書には前年の給与所得申告と源泉徴収を提出する。

なぜなら税率が変わって、住民税額に連動するから。

 

・サラリーマン副業がばれない確定申告書の書き方は、住民税の払い方選択を「普通徴収」にする。

 

・多忙の場合は無理せず、白色申告で慣れてから青色申告が無難と思います。

 

 

以上で、『サラリーマン副業でのアフィリエイト確定申告書の書き方と失敗談実例』を終わります。

 

次回もアフィリエイターが順守すべき法令関連をお伝えします。

 


画像提供:アイキャッチャー

 

キャスト紹介


直樹;
当サイト講師。 幾度の苦難にも屈せず、アフィリエイトと情報起業で開花!。
アイちゃん;
福島県から上京。テレワーク中の在宅副業で稼ぎ、両親に楽をさせるのが目標!。
進次郎;
務める金融機関の週休4日に危機感を感じ、副業から複業スキルアップを目標!。

 

この記事に関連する記事一覧

▼国内最速レンタルサーバー▼
▼ハイスペックSEOテーマ▼

サイト管理人

管理人:水谷 友之
サラリーマンの副業アフィリエイト歴16年。副業で契約社員。複業で情報起業販売、WEBデザイナーなど幅広く展開中。仕事を失った人たちを全力で応援します!。
詳しくはこちら

カテゴリー
アーカイブ

ページの先頭へ